スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yaplogより引っ越し記事 2010.11.15 (月)
朝早く猟犬の運動に行った近所の方が

我が家に寄ってくれて、野犬が3匹農道にいて

威嚇されたので、Uターンして来たのだと言う



「凄く大きい犬だから、用心した方が良いからね」と!

今日はのんびりそっちに行く予定だったので

連絡はすごく有り難かった



ふと息子が小さい頃の事で、忘れられないことがある

通学道路で赤い乗用車が子犬を2匹捨て去り

数人で相談した結果、家の息子と近所の友達で

家に連れて来たという

きっと車で犬を捨てにきて、子供たちなら置き去りにしないだろうと

思ったに違いない

子供は純真なので、先は見えていたと思う



仕事から帰ると、息子は待ってましたというように

その時の様子を話してくれた



犬を見るとジャーマンシェパドのような顔立ちと

体系。・・・・

その頃の我が家の状態では到底飼えない

責任が持てないので、旦那に協力をしてもらい

大型犬になる可能性があるので、そういう犬を飼ったいる方に

相談しようと、あちこち電話をして返事をまった



数日後、大型犬を飼っている方が見えて

まだ2ヶ月くらいだから丁度飼いやすいので知人が欲しいと

言うから次の日曜日に再度来るからと約束をして待った



早くして欲しい。・。・・・・息子に情が移って離れるのが難しくなったら?

と思うとちょっと恐怖だった



でも約束は守られ、引き渡す日

息子に新しいハーネスと犬のお菓子を渡し

幸せになってねっとお別れするんだよ~!

と別れの悲しさと、動物は簡単に捨ててはいけない事を

教えたかった



農道にいた3匹の野犬も、良い出会いがあったら幸せに

なれたかと思うと、なぜか・。・・・・心が痛む



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goroberumimi.blog.fc2.com/tb.php/39-f8f4e88d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。